無料駐車場あります。〒668-0214 兵庫県豊岡市出石町字内町57-1 電話:0796-52-6273 営業時間:10:00~17:00
出石地方にお越しの際は、天気情報・積雪情報をご確認ください(Yahoo天気・災害
出石周辺の名所・観光スポット

蕎麦の語源 ~ どうして「そば」というのか?

ソバの実の形は、ほぼ三角形で、大きさは小さいながらも角ばっています。
物の角が尖ったことを「稜(そば)」といい、ソバの実は稜形であることから「ソバムギ」と呼ばれた、といわれています。
「ソバムギ」と呼ばれたのは、小麦や大麦と区別するためだったともいわれています。
また、果皮が黒褐色なためえ「クロムギ」との異名もあります。
「ソバムギ」がソバと略してよばれるようになったのは、室町時代からだと考えられています。
「蕎麦」という漢字をあてられたのは一説によると12世紀以降の事といわれています。
江戸時代以前にはそば粉に熱湯を加えてかき混ぜた「ソバガキ」が一般的でしたが、江戸時代以降は今のように細く切られるようになりました。


世界のソバの名前

中国名 チャオマイ この他にも、三画麦、うばく、花麦、華麦など
朝鮮名 メミル この他にも、毛蜜
英名 バックホイート buckwheat。ブナの実に似た小麦という意味。
ドイツ名 ブーフワイチェン ブナ小麦
フランス名

ブレ サラザン

ブレは小麦、サラザンは「サラセン地方の、サラセン人」で、サラセン小麦という意味